製品情報

LED・省エネ型照明

電子ブレーカー

電子ブレーカー

電子ブレーカーとは?

電子ブレーカーは、最大電力消費を監視・制御 電気基本料金の大幅な削減を可能にします。

電子ブレーカーを設置し、CPU制御により従来のブレーカーでは不可能だった、最適最小定格電流の設定を可能にし、
低圧電力の契約を『負荷設備契約』から、より契約容量の小さな『主開閉器契約』に変更して大幅な電気基本料金の
削減を実現するシステムです。

下記にあてはまる事業主様は電気料金を多く支払っている可能性があります。
  • 契約電力が比較的大きい。(およそ10kw以上)
  • 電気料金にしめる基本料金の割合が大きい
  • 機械はたくさんあるけれども同時に稼動しないものがある
  • 契約電力がいっぱいで変電設備(キュービクル)の設置を検討中

『負荷設備契約』から『主開閉器契約』に変更し、電子ブレーカーでより小さな契約容量にできます

基本料金の決定方法

電子ブレーカーの特徴

電子ブレーカーは実際に流れている電流値とその時間をブレーカー内で測定しており、 JIS規格の許容範囲最大まで使用できるようプログラムされております。 電子ブレーカーの特性として主開閉器契約をうまく組み合わせることで契約電力を
下げる事ができ、結果として基本料金の削減が可能となります。

電子ブレーカー導入例

電子ブレーカーの度入により、以下のように基本料金の大幅な削減が可能となります。 電子ブレーカー導入例

コスト削減例

電子ブレーカーを導入したコスト削減の実例をご紹介いたします。削減の%は基本料金の削減率です。 コスト削減例

電子ブレーカー導入の流れ

電子ブレーカーの導入にあたっては、弊社では調査代は無料で行っております。
また、契約電力の変更につきましては、電気供給約款に基づいて行いますので電子ブレーカーの設置後、電力会社が
確認に来てから契約変更が行われます。 電子ブレーカー導入の流れ
お問合わせ

pgetop